Raw Liker | キャンプ総合情報系ブログ

おすすめのキャンプギアや役立つ情報などを紹介。おじさんキャンパーのアウトドア系ブログ。

直火系は消耗品!?初めて買うキャンプギアの選び方。

キャンプブーム到来

直火系は消耗品!?初めて買うキャンプギアの選び方。

今から始めてみようという人も多いのではないでしょうか。いざ始めようとすると、やっぱり最初の難関はギア集め。私も最初は色々試行錯誤しました。
そこで今回は初心者向けにギア集めのコツについて書いていきます。ぜひ参考にして頂ければと思います。

初めて買うキャンプギアの選び方

高い物=長持ちは間違い!?

意外と高価な物が多いキャンプギア。最初から全て揃えようとすると数十万円になることも珍しくありません。私自身も初期投資で10万円近く使ってしまいました(^◇^;)

もちろん、それが悪いことではないのですが、ギアの見極めが甘かったなと後々後悔。特にコスパ重視でも良いと思うギアは実際使ってみて実感していました。

結局は自分との相性ですね。メーカーだけに拘って高い買い物をすると、使いにくかったり、不便に感じることが多いと思います。

直火ギアは安いもので試す

特に思ったのが確実に消耗品となるギア。焚き火周りで使用するものですね。何気に手入れも大変なので、最初は安いものを消耗品感覚で買うのが良いかと思います。
 
ケトルやクッカーなどが該当します。直火の後は煤が着くのでメンテナンスも大変なので割り切って使うのもアリかと。

焚き火台は一万円以下を目安に

焚き火台だけは一万円以下を目安に探すと良いです。あんまり安過ぎると安全性に不安がありますからね。基本有名メーカーの物で選んでいる事が多いです。

 

私の過去スタメン達も一万円以下でしたが、品質も使い勝手も十分だと感じました。コールマンやユニフレームあたりがコスパも良くオススメです。

オススメの直火系ギア

SOLAのシリーズは安価で使いやすいです。私も初代ケトルはSOLAを使っていました。水が1リットルくらいは入るので、コーヒー用に沸かして使っていました。ケトルはクッカーとしても使用可能。荷物を軽くしたいならケトルのみでも良いかと思います。

おわりに

まずはキャンプやってみることが大事ですね。自分のやりたいキャンプが見えてくれば、ギア選びはさらに楽しくなります。経験とシミュレーションを積みながら、自分だけのキャンプを追求してみましょう。